月刊人事労務実務のQ&A 無料試読サービス実施中

モラールサーベイのご案内

新年度30社限定キャンペーン実施中!

■従業員意識調査(NRK方式モラールサーベイ)

■社員意識調査(NRCS)

被調査企業延べ約6100社500万人のデータがアナリスト

●大企業には、60年に及ぶ実績を誇るNRK方式モラールサーベイ
1955年に我が国で初めてのモラールサーベイ開発以来、半世紀以上にわたり、常に意識調査のパイオニアとして、膨大な実績を積み重ねております。
●中小企業には、厚生労働省方式・社員意識調査(NRCS)
1957年には後のNRCSとなる「中小企業従業員態度測定」が労働省(現厚生労働省)の協力のもとに開発され、以来こちらも半世紀の長きにわたり、現在では、「厚生労働省方式・社員意識調査(NRCS社内コミュニケーション診断)」という名称で、中小企業における人事・労務管理の改善等に寄与しています。
●Webを用いた調査にも対応!新機能

新刊書籍

新訂 新入社員・雇い入れ時安全衛生教育テキスト

  • 「新入社員・雇い入れ時安全衛生教育テキスト」編纂委員 吉田 實穂
  • B5判/148頁/定価864円(800円+税)

本書では、雇い入れ時に教育すべき安全衛生の基本知識や作業方法、そして職場の中でのビジネスマナーを、コンパクトに分かりやすくまとめています。

新人教育や雇い入れ時の教育に最適な1冊!

好評書籍

建設業高年齢作業者安全衛生教育テキスト

  • 編著者
  • ○日本労働安全衛生コンサルタント会宮城支部 「建設業高年齢作業者安全衛生教育テキスト」編集委員会
  • ○早坂 信哉 大東文化大学健康・スポーツ学科教授(現東京都市大学教授)
  • ○一般社団法人 日本労務研究会編集部
  • A4判/148頁/定価1,296円(1,200円+税)

建設業では、50歳以上の労働者の方々が占める割合が高くなっていますが、死亡者も死亡災害全体の60%弱を占めています。

高年齢作業者に対する安全衛生教育に本書をご活用下さい。

※講習用テキストですので、原則として単冊での販売はいたしておりません。

職長・安全衛生責任者のための分かりやすい
労働安全衛生法・労働安全衛生規則
ダイジェスト

  • 一般社団法人 日本労務研究会 編
  • B5判/180頁/定価1,000円(926円+税)

職長・安全衛生責任者にとって、ある程度の法令の知識は必要です。

法令に親しんで頂く入門編として編纂いたしました。

この一冊 !!

改訂6版「労災保険法便覧」

  • 実務担当必携書
  • 一般社団法人 日本労務研究会 編
  • B6判/2,160ページ/定価 5,940円(5,500円+税)
  • 20%OFFの特別提供価格 4,752円(4,400円+税)

本書は、労働者災害補償保険法が適正に解釈・運用されるよう発出された多数の通達を関係条文ごとに整理するとともに、各条文に解説や参照条文を付することにより労災保険制度の理解・実務の便に資するものとして、平成5年に初版が発行されたものです。

その後の法令改正等に基づき、このたび、改訂6版を発行いたしました!


いまさら聞けない!? 雇用社会のルール 〜採用から退職まで〜

  • 大内伸哉・著(神戸大学大学院法学研究科 教授)
  • A5判/320ページ/定価 1,944円(1,800円+税)
  • 働く人にとって誤解しやすい雇用社会のルールを37の質問形式にし、わかりやすく法的に解説。月刊「労働基準」連載を大幅改稿!

〜メンタルヘルス・非正規雇用・過重労働・成果主義・リストラ・転職〜
裁判例が示す労働問題の解決(最新労働基準判例解説 第3集)

  • 小畑史子・著(京都大学大学院地球環境学堂 准教授)
  • A5判/328ページ/定価 2,160円(2,000円+税)
  • 注目すべき30の裁判例を最新の学説・情報を踏まえて解説した、労働判例の「今」を切り取る第3集!

日本労務研究会の出版物

労働基準(月刊) 見本誌無料送付サービス実施中!
年12回(毎月1日)発行、人事労務担当者必携の月刊誌です。
昭和24年の創刊以来、常に最新のトピックスを取り扱い、報道発表や行政通達に加え、各種統計調査結果、専門家による連載記事等、労働基準行政の動きを中心とした情報を提供してまいりました。
誌面リニューアルを進めています!
新訂4版
わかりやすい就業規則の作り方
労務年鑑
中小企業全般で使用できる就業規則作成のための分かりやすい手引き。平成22年4月1日施行の改正法令に対応。 経済、労働事情の動向を中心に12分野の最新データを網羅。企業の労務管理担当者のバックデータとして不可欠な唯一の書。
睡眠障害の基礎知識 特定健診・
特定保健指導のQ&A
日本医師会推薦!!
睡眠の生理、精神疾患・過重労働・交替制勤務との関わり、SAS対策、不眠の治療、睡眠教育について分かりやすく解説。
特定健診・特定保健指導について、その基本事項と現場での実際的な運用方法を2部構成で解説。